HOME>記事一覧>優良な遺品整理業者とは【実績をチェックして選ぼう】

優良な遺品整理業者とは【実績をチェックして選ぼう】

ダンボール

遺品整理業者の選び方

まずは行ってほしいサービスを提供しているところを優先して選びましょう。供養や大きなものの運搬などは必ずできるとは限らないので事前にチェックしておきます。
サービスを提供していてもオプション価格が高いのはつらいです。大阪・神戸など整理してほしい家のあるエリアをキーワードに2,3社に相見積もりを出して金額根拠を聞いた上で決めると安心です。
遺品の量次第では料金の変動が起きてしまうケースもあります。ある程度までの変動は増額なしで引き受けてくれるところを選んでおくと追加料金を不安に思うこともありません。

ダンボール

遺品整理業者の遺品供養について

不要だけれど捨てるには忍びないものはまとめて供養に出しましょう。遺品整理業者が行ってくれる場合、供養先を探すところから運搬まで一手に引き受けてくれます。供養に立ち会うか、お任せするかも選択できるので供養を依頼したときに業者と調整しておきましょう。
供養に出しにくいものまで無理して出す必要はありません。思い出の品であれば気が済むまで手元に置いておきましょう。途中でやっぱり戻してくれと依頼をしても難しいです。

優良な遺品整理業者の特徴

花

料金プランが明確なところ

後から思わぬ追加料金を防ぐためにも料金プランが明確に示されているところを選びましょう。
オプションとなるようなサービスも合わせて見積もりに入れておいてもらうと不安がありません。

実績が多数あるところ

実績が多数あるところはたくさんのお客様に選ばれる何か理由があるはずです。
作業が丁寧などの口コミが手に入れば信頼に値します。

不用品の処理先があるところ

不用品の処理は許可や資格が必要なことがあります。自社で処理フローが確立されているか提携業者に任せていることがわかれば安心です。

契約までの対応が丁寧なところ

問い合わせのときの電話や見積時など、契約までの対応がそのまま遺品整理の作業の質につながります。
手続き面で不安を覚えたところは避けるのが無難です。