遺品整理がなかなか進まないなら

大事な方がお亡くなりになった後、すぐには何かできないのは仕方ありません。しかし時間が経ってもなかなか整理できないと空き家をいつまでも放置することになり、問題に繋がることもあります。遺品整理業者に依頼して思いきって整理すると良いでしょう。

生前整理と遺品整理の違い

自分で行うのが生前整理

ある程度の年齢になってから、自分に万が一のことがあったときに備えて荷物を整理する方がいます。これが生前整理です。手を付け辛いところまで一気にやらずに簡単に片付けられることのみを行う方もいます。

遺族が行うのが遺品整理

遺品整理は遺族が行うのが一般的です。ほしいものを身内がもらっていくこともありますが大抵は売るか捨てるかのどちらかになります。少し寂しい気はしますがいつまでも遺品を放置しておけないのも事実です。

専門業者に依頼しよう

なかなか進まない遺品整理は専門の業者に頼んでしまいましょう。もちろん故人を尊重はしてくれますが第三者の立場から作業してもらうことにより余計な感慨が入り込みません。スムーズに作業を進めることができます。

遺品整理業者が提供しているサービス内容

考える人

遺品を仕分けと整理

業者に整理を任せるのは不安かもしれませんがきっちり仕事をしてくれるところを選べば安心です。故人を尊重してくれ、遺品も大事に扱ってくれます。

捨てにくいものの供養

不要だけれど捨てるに忍びないものは業者が供養までしてくれます。ぬいぐるみなど生前大事にしていたもので、棺にいれなかったものは供養してもらいましょう。

仕分からの流れで買い取り

貴金属を処分する際の買い取りも行ってくれます。仕訳からの流れで作業してくれるので手間もかかりません。古いものが残っていたりすると思わぬものが出てくるので要注意です。

仕分けしながら探し物も任せられる

見つからないものがあるときは事前に探し物があることを伝えておきましょう。金銭的価値があるものに限りません。確実に探してもらうには特徴をしっかり伝えておきます。

遺品整理の相場をチェック【依頼する前に知っておこう】

蝋燭

遺品整理業者を利用するメリット

プロである遺品整理業者に頼むと何よりも作業が早く進みます。丁寧で確実な作業は業者ならではのスピード感です。また故人しか知らないような隠れたものも過去の経験から探しだしてくれます。本棚の隙間やタンスの引き出しの裏などは意識して見ないとなかなかみつけられないところです。
一人では運べない大きなものも引っ越しと同じ要領で運んでくれるので搬出用に別で人を手配する必要もありません。事前に打ち合わせておけば当日立ち会いなしで作業も請け負ってくれます。遠方の家を依頼するときも便利です。

部屋

遺品整理の相場価格をチェック!

金額の算出方法は業者によって様々です。部屋の広さを指標にしているところが多く1LDKで10万円程度が相場価格です。そこから部屋が広くなる毎に金額が上がっていきます。
部屋の中にある荷物の体積も金額を左右します。荷物の量が大量で想定よりもトラックを追加する必要がある場合、その分は当然追加料金です。
他にも依頼したサービス内容でオプション料金が異なるので頼みたい内容を整理してから見積もりを依頼してみましょう。

株式会社 金森商店

40年以上の実績ある!芦屋で遺品整理をするならプロに依頼しよう◯